どんな料理が合う?ワインと料理のマリアージュについて

ワインと料理のマリアージュとは

フランス語で“結婚”を意味する「マリアージュ」という言葉。とても素敵な言葉ですが、これをワインと料理の相性として例えるところが、何よりもオシャレですよね。

そう、マリアージュとは、”ワインと料理の組み合わせ、食べ合わせ”という意味で使われる表現なんです。

「この料理には、このワインが合う」と、料理に合わせてワインを選択することもありますし、ワインを愛飲している人からすれば、「このワインには、このメニューが合う」と、逆にワインを主体として考えることもあります。

ワインには赤ワインと白ワインがあり、細分化するとスパークリングワインや貴腐ワインなどが存在します。赤ワインにはフルボディやライトボディなど重さや味わいによってさらに分かれていて、白ワインも辛口や甘口といった具合に細かく分類することができます。

それぞれのタイプごとに合う料理は違ってきますし、その相性を見つけ出すのもワインの楽しみ方の1つなんです。

世の中にたくさんの夫婦や恋人が存在するように、ワインと料理にもたくさんのマリアージュが存在しています。

ここまで意識してワインを選べるようになれば、もうワイン通を名乗っても全く恥ずかしいことはなくなるでしょう。

重い口当たりの料理には重いワインを

マリアージュをどう探していくのか、これはワインの愛飲家にとってはとても重要な課題です。まずは、基本を押さえることですね。

マリアージュの基本の1つに、料理の重い軽いを見極めることがあります。重かったり濃厚な口当たりの料理には、同様に重量感やインパクトを持つワインを合わせるのがコツとなるわけです。

よく言われることですが、肉料理には赤ワインを合わせれば、まず間違いありません。

肉料理は脂っぽさが感じられ、どちらかといえば重量感がありますよね。赤ワインもワインの中では重い部類に入るので、とても相性が良いというわけなんです。

ビーフシチューや牛のステーキ、ローストビーフなどに対してはフルボディタイプの赤ワインがおすすめ。

デミグラスソースハンバーグや、ミートローフなどもミディアムボディやフルボディの赤ワインがよく合います。

トマトソースのロールキャベツや中華全般、日本食だとすき焼きや鰻の蒲焼なども赤ワインとの相性が良いのですが、ビーフシチューやステーキほどの重みはないので、ライトボディの赤ワインでも十分マリアージュとして成立するでしょう。

さっぱりした口当たりなら軽めのワインを

世の中には、さっぱりとした軽めの料理もありますよね。そうしたメニューには白ワインを合わせましょう。

ざっくりと言うのであれば、魚料理であれば白ワインを合わせるのがマリアージュの基本となります。

白身魚のカルパッチョや生牡蠣、コンソメスープのロールキャベツ、ホワイトシチューやホワイトソース系の料理などが白ワインと相性の良い料理の代表ですね。

日本食で言えば、天ぷらやお寿司、お刺身や魚の南蛮漬けなども比較的さっぱりとした料理に分類されるので、白ワインとマッチングさせると、どちらもおいしくいただけるでしょう。

お肉料理でも鶏肉や豚肉などを使った料理は、白ワインと合わせることが多いです。もちろん味付けにもよりますが、口当たりが軽ければ白ワインを選ぶことでマリアージュの失敗を防ぐことができるはずです。

ワインと料理の産地をあわせるのもおすすめ

料理の重さとワインの重さを合わせる他にも、マリアージュにはいくつかの考え方があります。

その中で簡単に覚えられるのが、産地を合わせる方法です。

イタリア料理を食べるときに一緒に飲みたいのは、もちろんイタリア産のワインになりますね。フランス料理を食べる際にはフランス産のワインを選択し、同様にスペインや日本もこうした組み合わせが可能なので、ぜひ料理の国とワインの産地を合わせてみてください。

それぞれの国や地域では、それぞれの風土や文化に沿ったものが作られる傾向があります。料理と飲み物という、ジャンルは少し異なっているものだとしても、そこには風土、文化、価値観などがしっかりと入っているので、料理とワインの国や地域を合わせるだけでも、十分にマリアージュを成立させることができるんです。

  • アヒージョに合わせるならスペインのワイン
  • パスタに合わせるならイタリアのワイン
  • テリーヌやポトフに合わせるならフランスのワイン
  • 天ぷらやお寿司に合わせるなら日本のワイン

こんな感じで組み合わせれば、必ず美味しいと感じられるはずです。

まとめ

  • ワインと料理の相性をフランス語で“結婚”を意味する「マリアージュ」と呼ぶ
  • マリアージュはお互いを引き立たせるための重要な考え方
  • デミグラスソースや牛肉など濃厚な料理には赤ワインを合わせよう
  • ホワイトソースや魚料理など軽くさっぱりとした料理には白ワインを合わせよう
  • 料理の国とワインの産地を合わせることもマリアージュの一つのコツ