シャンパン・スパークリングワインの違いはこれで解決!基礎知識紹介

スパークリングワインとは

ワインは赤ワインと白ワインに注目されることが多いのですが、もう1つ忘れてはいけないワインの種類があります。

「スパークリングワイン」です。

日本ではキャバクラやクラブなど夜のお店やパーティーなどで活躍しているタイプのお酒ですね。

もちろん日常的に飲んでいる人も多いとは思いますが、赤ワインや白ワインよりも派手な雰囲気があり、それでも比較的手が出しやすいと感じる人も少なくないのかもしれません。

スパークリングワインは、一言で言うと発泡性のワインです。つまり、炭酸系ワインですね。

ちなみに、スパークリングワインに含まれている泡は二酸化炭素です。ガス圧が3気圧以上のものが通常のスパークリングワインで、それ以下のものは弱発泡性ワインと表現することがあります。

代表的なスパークリングワインは「シャンパン」ですね。

それ以外にも世界各国に有名で美味しいスパークリングワインが存在しています。

  • クレマン
  • ヴァン・ムスー
  • ペティヤン
  • エスプモーソ
  • カバ
  • スプマンテ
  • ランブルスコ

これらがよく知られた種類ですが、やはりヨーロッパで盛んに作られる傾向があります。

スパークリングワインは白というイメージが強いものの、赤いスパークリングワインも存在しています。最近は“赤泡”という表現で日本でも少しずつ親しまれるようになってきており、フランスなどでも愛飲家が増えているそうです。

ちなみに上で紹介した「ランブルスコ」はスパークリング赤ワインの代表的存在。白やロゼもありますが、日本国内でも発泡性の赤ワインとして流通しています。

シャンパンとスパークリングワインの違い

「シャンパン」という言葉をすでに使いましたが、日本人の中には、スパークリングワインとシャンパンの違いを知らない人もまだまだ多いようです。というよりも、この両者を同じものとして考えている人も少なくありません。

シャンパンというのは、上で紹介したような、世界中に数多くあるスパークリングワインの中の1つを指す言葉です。

発泡性のあるワインをシャンパンと呼ぶのではなく、発泡性ワインのうちの1つの種類がシャンパンということになります。

シャンパンは、それを作るのに使われるブドウの品種や製法などがフランスの法律によって決められています。産地や貯蔵期間などにもルールがあり、これら全ての基準をクリアしていなければ「シャンパン」と名乗ることができません。

フランスのシャンパーニュ地方以外で作られたものは、いくら同じ品種、同じ製法を用いていてもシャンパンと呼ぶことができないんですね。

シャンパーニュ地方の中でも、シャンパンが作れる範囲はさらに限られており、こうした厳しい法律があるからこそシャンパンの質が保たれているとも言えます。

炭酸は「瓶内二次発酵」で生まれる

シャンパンは、シャンパーニュ製法やシャンパーニュ方式と呼ばれる方法で作らなければいけません。スペインのカバなどもこの製法で作られています。

カバはシャンパーニュ地方で作られていないのでシャンパンと呼ぶことはできないものの、製法自体は用いることができるので同じような行程で作られており、品質も高く世界中で人気のスパークリングワインとなっています。

シャンパーニュ製法は、通常のワインを瓶に詰めて、その瓶の中で発酵させることで炭酸を生じさせるところに特徴があります。これを「瓶内二次発酵」と呼んでいます。

説明したようにシャンパンはスパークリングワインの1つの種類に過ぎません。

他のスパークリングワインは、また別の製法で作られているものも多く、それぞれ炭酸の生み出し方は異なります。

例えば、スプマンテなどが採用しているのは「シャルマ製法」と呼ばれるもので、これは瓶内ではなく密閉されたタンクにワインを入れ、そこで二次発酵を行い炭酸を発生させています。

他にも、通常のワインに二酸化炭素を注入する「二酸化炭素吹き込み方式」と呼ばれる製法があり、それぞれで泡のきめ細やかさやガス圧力などが異なり、それによって味わいなどにも違いが出てきます。

飲むときの美味しい温度

スパークリングワインは、冷やして飲みましょう。炭酸の入っている飲み物はなんでも冷えていた方が美味しく感じるはずです。ビールやサイダーなどもそうですよね。

スパークリングワインも温度が低い方が泡の弾け具合なども強く感じられ、サッパリ感もより得られるので、必ず冷やして飲むようにしてください。

最適な温度は、5度から8度くらいと言われています。僕もこのくらいの温度になるように冷やして飲むのが好きです。

冷蔵庫で冷やしてもいいですが、氷水に入れて冷やすのもおすすめですね。

赤のスパークリングワインは、少しだけ温度を高めにした方がいいかもしれません。白やロゼよりも味が複雑で渋みもあるので、赤ワイン同様、10度前後まで温度を上げた方が美味しくいただけるでしょう。

まとめ

  • 発泡性を持つワインが「スパークリングワイン」
  • シャンパンは数あるスパークリングワインの中の1つ
  • スパークリングワインの作り方は主に3つ
  • シャンパンはシャンパーニュ地方でシャンパーニュ製法によって作られたスパークリングワイン
  • 製法の違いによって異なってくる炭酸の発生方法
  • シャンパンの炭酸は「瓶内二次発酵」によるもの
  • スパークリングワインは5〜8度に冷やして飲むのがおすすめ