高く売れるのはコレ!お酒買取業者に高く売れるウイスキーまとめ

お酒買取業者に高く売れるウイスキー

お酒の買取業者がとても欲しがるウイスキーを紹介します。つまりここで取り上げるのは、売れること間違いなしのウイスキーということになります。

ダラスデュー

まず紹介するのが「ダラスデュー」です。

スコッチウイスキーで、シングルモルトになります。もちろん原材料は大麦。

他のウイスキーと比べて色が淡く、黄金色に輝いているのが特徴ですね。

ダラスデュー蒸留所の設立は1890年代。100年以上の歴史があると思いきや、もうこの蒸留所は閉鎖されています。今は観光客を対象に公開されていますが、ウイスキー作りは行われていません。ストックこそありますが、それで最後です。

つまり、これからどんどん価値が上がっていくことが約束されているウイスキーということになります。

2万円から3万円が、現在のところの買取相場ですね。もちろん今後はさらに金額が上がることは間違いありませんが、状態が悪くなると買取価格も下がるので、所有している方は早めに査定に出すべきかもしれません。

マッカラン スペシャルセレクション

こちらもシングルモルトの「マッカラン スペシャルセレクション」。マッカランといえば高級ウイスキーの代名詞的存在ですが、その中でもここではスペシャルセレクションにフォーカスして紹介していきます。

スペシャルセレクションは1963年から1980年までのものが出ていますが、味わいでいえば1960年代のものはやはり格別。果実の香りがとても濃厚で、甘い匂いが鼻の奥までしっかりと届いてくれます。
さらに味わいも非常に豊か。チョコレートのような風味がフルーティーな香りと混ざり合って、とてもゴージャスな気分を味わうことができる逸品です。

買取業者に売るとすれば、だいたい10万円くらいの金額をつけてくれるでしょう。タイミングによっては15万円を超えてくるかもしれません。ウイスキーブームに上手に乗れれば、さらなる高額買取も期待できます。

山崎

ジャパニーズウイスキーの地位を確立した立役者が「山崎」ですよね。

こちらもシングルモルトですが、販売開始は1984年と、海外のものと比べてかなり遅いです。それでも今や入手困難の山崎。ウイスキーという枠にとどまらず、お酒の中でも高額買取の対象となる存在になっています。

味わいは基本的には爽やか。熟成期間の長いものになると次第に濃厚さが際立ってきます。樽の香りもしっかりとお酒に移っており、程よい渋みも感じられるウイスキーです。

「山崎50年」は、500万円以上の買取金額となっています。ちょっと信じられませんが、これがジャパニーズウイスキーの実力です。「山崎35年」は300万円ほどと、やはり桁違い。

「山崎蒸留所 シングルカスク パンチョン」は150万円ほど、他にも数十万円の金額で売れる山崎のウイスキーは山ほどあります。

飲むかどうかの判断は所有者それぞれですが、僕だったらとりあえずお酒買取業者に査定に出しますね。