高く売れるのはコレ!お酒買取業者に高く売れるブランデーまとめ

お酒買取業者に高く売れるブランデー

日本ではワインやウイスキーほど愛飲者がいないと言われていますが、ブランデーはお酒の中でもかなり高額で取引されるジャンルです。

その中でも特にお酒買取業者に持っていくと高値をつけてくれる銘柄を紹介していきます。

ヘネシー リシャール

ブランデーと言えばコニャックですが、その中でも高級ブランデーを数々手がけているのがヘネシーです。

「リシャール」というのは人の名前。実はこの蒸留所を1765年に作ったリチャード・ヘネシーの名前を取って付けられているんです。リチャードをフランス風に発音すると“リシャール”になるというわけですね。

このリシャールは、パーフェクトなブランデーを生み出すことを目的に作られたもの。創業者の名前が付けられていることからも、このブランデーの格式の高さと、品質へのこだわりがわかります。

肝心の買取価格ですが、15万円前後となっています。現在販売されている現行ボトルも、今は生産されていない旧ボトルも、買取価格はそこまで変わりません。

ただ、どちらも価値が上がってきているので、今はまさに売り時と言ってもいいでしょう。

ヘネシー パラディ

「パラディ」もヘネシーが手がける高級ブランデーの1つです。

とにかくクオリティが高いです。ボトルも美しいので、コレクターからも人気ですね。もちろん味や香りも超一級品。それでいて、そこまで高くないので、コストパフォーマンスの点で言えば、かなり良いと言えるでしょう。

この風味のバランスの良さと奥深さは、熟成年数の異なるコニャックを100種類以上混ぜ合わせるからこそ生まれるものです。短いものでも25年、長いものだと130年も熟成させた原酒を混ぜるわけですから、濃厚で立体感のある味と香りになるのも頷けます。

コスパが良いとは言っても、お酒買取業者に出せば、どのパラディでも5万円前後の金額にはなります。

こちらも現行品と旧ボトルがありますが、そこまで金額差はありません。旧ボトルの方が5,000円ほど高く買い取ってもらえるかなといった感じです。

カミュ ナポレオン

カミュもコニャックの中ではかなり有名なブランドですね。設立は1863年。それからカミュ一族が代々、このブランドを守っています。そうした歴史こそが、このブランデーの価値を高めているのかもしれません。

ここで紹介するのはカミュの「ナポレオン」ですが、このナポレオンというのが銘柄ではないことは、お酒好きなら既に知っているはず。言ってみれば、ブランデーの等級・ランクですね。

ナポレオンは熟成年数が7年目以上のもので、平均すると13年前後のものが世の中に出回っている形です。

数自体はまあまあ流通しているので、カミュのナポレオンの買取価格は2,000円前後。デキャンタタイプやブックと呼ばれるタイプだと3,000円ほど。樽型のボトルもあるのですが、これだと4,000円くらいが買取相場となっています。