お酒の空き瓶が売れるって本当?空き瓶や箱の買取について

お酒の空き瓶も買取してもらえるって本当?

“お酒の買取”と聞くと、お酒の中身にばかり注目がいきがちですけど、実はそれ以外にも売れるお酒関連商品があるんです。

多くの人が驚くのが『空き瓶』です。

そう、お酒買取業者の中には、すでにお酒が入っていない空き瓶を買い取ってくれるところがあるんですよ。

同じように、お酒が入っていた箱などを買い取ってくれる業者も存在しています。

勘違いしないでもらいたいのですが、お酒が入っていた瓶や箱であればなんでも買い取ってもらえるわけではありません。

空き瓶でも需要があるものや、貴重なお酒の入っていた箱などに限られます。それでも、もう飲むことができないボトルやケースが売れるとなれば、飲むことにしか興味がない人にとっては嬉しいですよね。

どうして空き瓶が売れるのか

お酒の空き瓶などを買い取ってもらえる理由は、ニーズがあるからです。お酒が入っていないボトルでも、欲しいと考える人がいれば価値が出てくるわけです

  • ボトルそのものの価値が高いから
  • 貴重なお酒の入っていたボトルやケースだから
  • 希少価値の高い空き瓶だから

お酒の入っていない瓶などが売れる理由は、ほぼこのうちのどれかです。

ボトルそのものの価値の高さにピンとこない人もいるかもしれません。

例えば、高いブランデーやウイスキーは、バカラ製のボトルに入れられていることもありますし、有名な陶芸家が手がけた瓶などもあります。瓶そのものに価値がある理由も、これを聞けば納得できますよね。

記念ボトルやアニバーサリー系の瓶は、中身よりも瓶の希少性が高いので、欲しいと考える人も少なくありません。この場合にも、お酒が入っていなくても需要が出てくるわけです。

空き瓶を買取してくれる業者

お酒の買取サービスを提供している業者全部が、空き瓶や空きボトルなどを買い取ってくれるわけではありません。

空き瓶を販売できるルートなどをしっかりと確保していないと業者も買い取った後にどうすることもできないので、あらゆる販路を持っていなければ買い取ることすらできないんです。

もう中身はないけど、なんとなく家に置いてあるという人は、ここで紹介する業者に問い合わせてみましょう。意外なほど高く買い取ってもらえるかもしれません。

ファイブニーズ

お酒の高額買取に定評のある「ファイブニーズ」は、空き瓶の買取も積極的に行っています。

最近買い取ったところですと、「カミュ」や「ルイ13世」の空きボトルなどがあるようですね。

どちらも有名な高級ブランデーです。価値の高いブランデーはボトルも非常に良いものを使っていますから、中身の有無に限らず買取対象となります。

「ファイブニーズ」は買取品目が非常に多い業者の1つなので、ブランデーの他にも貴重なボトルがあれば買い取ってもらうことができるかもしれません。カミュやルイ13世のような超有名なお酒ではなくても、一度問い合わせてみることをおすすめします。

レッドバッカス

「レッドバッカス」も空きボトルをかなり積極的に買い取っている業者です。

上で紹介した「ルイ13世」ですが、「レッドバッカス」では箱なしの状態で5,000円で買い取った実績があります。箱が付いているものも買い取っていますが、それはなんと12,000円。

空き瓶だけで5,000円、箱があれば10,000円以上ですから、手元に置いておくよりも現金に変えて新しいお酒を購入した方が、お酒好きとしてはメリットが大きいかもしれません。

さらに驚くべきは、「山崎」の50年ものの空き瓶と箱の買取金額です。飲み干されているにもかかわらず、なんと120,000万円です。桁が1つ違いますね。

「マッカラン」の空き瓶を20,000円で買い取った実績も持っている「レッドバッカス」。お手持ちのボトルがいくらになるのか興味がある人は問い合わせてみましょう。

スパナ

「スパナ」も、ジャンル問わず、貴重なお酒の空き瓶であれば、それなりの価格で買い取ってくれます。

実績として例を挙げると、「ヘネシー・リシャール」が28,000円、1990年の「ロマネ・コンティ」が50,000円、「カミュ・ミシェルロイヤル」が12,000円などとなっています。

ワインの空きボトルも積極的に買い取ってくれているのが嬉しいですね。

ブランデーなどは替え栓、ワインであればコルク栓も揃っていれば、さらに買取価格をアップさせてくれます。もともと箱が付いていたお酒であれば、それも一緒に査定に出すと、さらに買取価格がアップ。美品であれば、中身は入っていなくても驚くほどの高値で買い取ってもらえるケースもあります。