酒好き必見!不要なお酒を酒買取に出して別のお酒・ワインにする方法

お酒は好きですか?
昨今ではビールとBBQを楽しむBBFES(お台場)をはじめ、たくさんのビアイベントが開催されてますよね。
飲むことが好きな人はもちろん、集めることが趣味となっている人もいるかもしれません。

僕もお酒の入り口は「おいしいから」でした。コレクションと呼べるほどではないものの、棚にも貴重なお酒がいくつか並んでいます。

そして最近利用させてもらっているのが、お酒の買取サービス。手元にある飲まないお酒を現金化し、今飲みたいお酒を新たに買って楽しんでいるわけです。

そんな僕の経験から、お酒の買取サービスについて解説してみます。

お酒が好きな人も買取に興味がある人も、ぜひ参考にしてください。

酒買取業者に不要なお酒を売るメリット

「お酒は飲むもの」ということは言うまでもありません。その上で、飲まないお酒は買取に出すことをおすすめします。

飲む予定のないお酒たちを売ることには、いくつものメリットがあるんです。

①意外な高値がつく可能性がある

お酒の本当の価値を知らない人は少なくありません。特に誰かから贈り物としてもらったお酒や、「人気があるみたいだから」という軽い気持ちで手に入れたお酒に関しては、もしかしたら価値が上がっている、そもそも価値が高いお酒であることも考えられるでしょう。

それを買取に出してみると、意外と高値がついて驚くこともあるんです。

実際に僕がそうでした。いただいたものを中心に「これ飲まないだろうな」と思ったお酒を買取サービスに出して査定してもらったら、本当にびっくりするほど高く買い取ってもらうことができたんです。1本だけではありません。そのような経験が何度もあります。

過去に数万円で買ったものが、現在は数十万円になっているケースも少なくないです。価値がよくわからないお酒ほど、査定に出す価値があります。

②お酒の買取相場に詳しくなれる

買取サービスを利用すると、お酒の価値や相場について知ることができます。これを繰り返せば、お酒の知識を増やすこともできるでしょう。

お酒好きの人にとって、お酒の価値がわかることはものすごく重要ですよね。「このワインはいくらくらいだな」と考えることができたり、「このブランデーはこのくらいの価値があるよ」と誰かに伝えることができたら、それこそ「趣味はお酒」と堂々と言えるようになるはずです。

新しく手に入れたお酒の価値や、今自分がコレクションしているお酒の相場もわかるようになります。飲むべきか、それとも売るべきかの判断もしやすくなるでしょう。

新しいお酒をコレクションに加えるときにも目利きができるようになり、失敗も防ぐことができます。

お酒の買取サービスは査定をしてもらうところから始まりますが、買取してもらうことは義務ではないので、お酒の価格や価値をチェックするためにも利用できるんです。お酒好きにはもってこいのサービスとなるでしょう。

③新しいお酒を買う資金になる

僕の場合はお酒を買い取ってもらってできたお金を本当に自分が飲みたいお酒を買うために使っていますが、もちろん他の用途に使っても問題ありません。

ただ、お酒好きがお金を持てば、それを使う先はやっぱりお酒ですよね。

僕も、「このお酒を飲んでみたい」と感じたら、売れるお酒がないか家の中を探し回る習慣がすでについています。幸いお酒をいただくことも多いので、それを本当に飲みたいお酒と交換する感覚で買取サービスを利用させてもらっています。

飲まないお酒をそのまま放置し、仕事で得たお給料を新たにお酒を買うことに使うよりも、ずっと節約になりますよね。

そのようなことができるのも、お酒買取を利用するメリットだと考えています。

高く売れるお酒の種類

お酒の買取で特に高く買い取ってもらえるお酒の種類を紹介します。

基本的には洋酒と呼ばれるものが高く売れる傾向があります。
特に高級ブランドのお酒の場合、空き瓶や箱だけでも買い取ってもらえる場合も。

ワイン

お酒が特別好きではない人でも口にする機会が多いワインですが、これはお酒の買取の世界でもニーズの高いジャンルの一つです。

これがまさにワインが高く売れる理由ですね。馴染みがあるだけに、需要がとても多いんです。

ワインに詳しくなくても「飲んでみたい」と思う人が世界中にいるために、ワインは他のお酒と比べると高く買い取ってもらえる可能性が高まります。

そもそもワインはブドウを原料としていますけど、このブドウの出来によってワインの出来も大きく変わってくるため、年代によって希少価値が異なってくるんです。希少価値が高まれば、当然高価になります。

ブドウの選別や製造工程にも手間がかかり、これもワインの値段を上げる大きな理由になっていますね。

こうしたことから、手間がたくさんかけられた希少価値の高いワインは、数十万や数百万円という価格で取引されることになるわけです。

ウイスキー

ウイスキーの原料は穀物です。ブドウの栽培ほど手間はかかりませんが、それ以上に大量に生産するのが難しく、それが買取価格の高騰に繋がっています。

大量に生産できないにもかかわらず、市場に出回らせるためには5年や10年といった熟成期間も経ないといけないので、それだけ希少価値が高まることになるわけです。

しかも、日本では数年ほど前からウイスキーブームが到来し、需要が増してきてます。供給量が増やせない中で需要が増せば、価値や価格が高くなるのは当然です。

ブランデー

ブランデーは果実酒なので、ワインのようにブドウなどを使って作られています。ということは、産地や気候によって味や生産量が左右されることになります。

それに加えて、ウイスキーのように熟成しなければいけません。つまり、時間と手間がかかるということ。

高額なブランデーがある理由は、こうしたことからです。

さらに、日本ではワインやウイスキーほどの人気はありませんが、コレクターや通の間では高値で取引されています。これも買取価格を上げている理由ですね。

より高く売るには業者選びを徹底しよう

お酒を買取や査定に出してみると、思いのほか高く買い取ってもらえることがあります。「え?こんなにするの?」と、持ち込んだ僕自身が驚いてしまうことも少なくありません。

ただし、同じお酒でも買い取ってもらう業者によって価格は変わってくるんです。これが買取サービスの面白いところでもあり難しいところでもありますね。

意外なほどの高値をつけてもらうには、できるだけ『高く買い取ってもらえる業者を選ぶこと』が重要です。この視点を持っていないと、本当は高いお酒を安く買い取られてしまうので注意しなければいけません。

まとめ

  • 手持ちの不要なお酒を高値で売れる可能性あり
  • お酒の価格相場や価値に関する知識が増えるのもお酒買取サービス利用のメリット
  • お酒を売ってできたお金で新しいお酒も入手可能
  • お酒買取サービスで高く売れるのはワイン、ウイスキー、ブランデーなど
  • できる限り高く売るために必要なのは買取業者の選定